ご葬儀のお花 スタンド花

ご葬儀のお花 ご葬儀のスタンド花 

ご葬儀 スタンド花1段

ご葬儀生花 ご葬儀生花1段商品価格 15000円 税別
葬祭場へお届けいたします。持ち込み料かかりません 
お色の指定ができます。

当店からのご注文で 花キューピットを利用して全国どこへでもご葬儀のお花を お手配できます。

詳細ページは 画像をクリックしてください 花国ネットショップのページが開きます。

明るい感じに仕上げた生花 1段 さまざなお花を入れて豪華になっています。
     一番リクエストの多いパターンです お任せミックス華やか

花国のオリジナルフラワー祭壇とスタンド花を一体化して さらに豪華に演出


詳しくは お電話メールでお問い合わせください。
 法人割引 早期注文割引もございます。

ワンポイントアドバイス 花国ならではのサービス
納品 飾って終わりではありません。 毎月たくさんのスタンド花を納品する製造元です。 いわば 製造元直販!
だから 安心! 任せて安心!

花国のスタンド花の充実のサービス

花国では 当店で飾ったスタンド花をご会葬にお越しになられたお客様にあがったお花をお持ち帰りできるようにお花を花束に加工してお持ちかえできるようにしております。

 花国では お花を飾ってから スタンド花を 
花束に加工してお客様にお持ち帰りするまで
 責任をもって行っています。 
 

大切なお客様のご供物 花国のスタンド花には 花束加工サービスが付いております。 ご会葬いただいたお客様へのお礼として いわきの風習としてお花をお持ち帰りいただき それぞれのご仏前へ飾る風習があります。

最近は コロナ禍で 告別式終了後 精進落とし
(遺族が葬儀のあとに会葬者や僧侶を労う目的で用意する食事)
をしない場合が非常に多いです。 お客様もすぐに帰ってしまうので
せっかく 上がったお花も 持ち帰りに加工する時間が短く お持ち帰りできずに無駄になる
ケースも あります。

花国では スタッフが 告別式終了30分ほど前に お客様がお帰りになる前に花束にして
たくさんお持ち帰りできるようにしております。 (花国のお花のみのサービスとなります。)

ご葬儀 スタンド花1段

ご葬儀生花 ご葬儀生花1段商品価格 13000円 税別
葬祭場へお届けいたします。持ち込み料かかりません 
お色の指定ができます。

詳細ページは 画像をクリックしてください 花国ネットショップのページが開きます。

ご葬儀 スタンド花2段

ご葬儀生花  ご葬儀生花2段
商品価格 20000円 税別
一般的な 1段のタイプのスタンド花に 下の段をつけて より豪華にしたタイプです。
葬祭場へお届けいたします。持ち込み料かかりません

詳細ページは 画像をクリックしてください 花国ネットショップのページが開きます。


 法人割引 早期注文割引もございます。

こちらは上の1段盛りタイプのお花をさらに豪華にした2段盛りのご葬儀の生花になります 豪華なものをあげたいと言う方には こちらの2段のスタンド花をお勧めします

ご葬儀 洋花タイプスタンド花

ご葬儀生花 ご葬儀生花1段 洋花 施主花等
商品価格 18000円 通常の生花の豪華版です。 洋花タイプ

詳細ページは 画像をクリックしてください 花国ネットショップのページが開きます。

葬祭場へお届けいたします。持ち込み料かかりません 
菊をつかわずに 洋風のお花でお作りするご葬儀の生花です。
大切な方のご葬儀のお花 ちゃんとしたお花を飾りたい 故人への思いを
お花にたくしたい。そんな方のために 当店オリジナルの
洋花の生花をご用意いたしました。

 法人割引 早期注文割引もございます。

こちらのスタンド花は菊などを使わず 洋風のお花 一般的に洋花と言われるお花で お作りした豪華なスタンド花となります

ご葬儀スタンド花 特上

とにかく豪華なお花をという方にお勧め!

ご葬儀生花 ご葬儀生花1段  施主花等
商品価格 20000円 通常の生花さらに豪華にして 品よく作りあげた
特上品のスタンド花です。 最近は スペースの関係や 使い回しの造花の
花輪を上げなくなった関係で いいものを一つ飾りたいという方が
増えています。



 法人割引 早期注文割引もございます。

詳細ページは 画像をクリックしてください 花国ネットショップのページが開きます。

ワンポイントアドバイス

フラワー祭壇と 近親者のスタンド花はそろえて 演出します。

フラワー祭壇のお花と 周りのお花はそろえた方が断然いいです。 まず 見た目のイメージが全然違います。 下の画像は 男性でブルー系で統一したお花です。 すっきりしてとても 上品に そして 統一感がでて豪華になります。

フラワー祭壇とスタンド花をそろえるメリット

花国では フラワー祭壇のお花と スタンド花を調和させて作ります。

まれに 名札のサイズもちがう 花の大きさや 色もバラバラとうケースが
ありますが 非常にもったいない演出と思います。

全体のトータルコーディネイトができていると 上の画像のようになります。


今現在は フラワー祭壇と喪主様や近い親戚の方のお花は きちんとそろえて
トータルで 飾ったほうが 見栄えはとてもいいです。 

そして何よりも 生花スタンド花をあげた方たち つまり残されたご遺族の硬い結束と強い絆を表すことができます。

 限られたご予算の中で一番きれいに仕上がります。

おすすめは フラワー祭壇と同じようにして欲しいと注文すると
 フラワー祭壇のお花と同じお花を使うので
非常に豪華に仕上がります

花国オリジナルフラワー祭壇のページへ


名札の参考例です。
法人であげる場合と個人であげる場合の名札です。また 
連名(数人の名前を連ねる場合)は 3名ぐらいまでがいいでしょう


その他 わからないことがあればお気軽にご連絡ください。
法人割引について花国ポイントカードを使わずに法人割引を
適用できます。お気軽にご相談ください。


当店のオリジナルご葬儀のお花の配達は 
福島県いわき市市内の葬祭場に限ります。(一部斎場を除く)
それ以外の場所に関しては 花キューピットを利用してお届け先の
近隣の花屋さんから 新鮮なお花をお届けすることができます。


生花の数え方 1対とは 1基とは?

ご葬儀用生花の数の数え方は ひとつを1基と呼びます。たとえば 
花国太郎さんが 1つお花を上げると生花1基あげたことになります。 

その生花を同じ名前で2つあげると 1基+1基で 1対と呼びます

同じ名前の人が2つあげる場合 横に並んで飾ることはあまりありません。 
祭壇に対して 左右に振り分けて飾ります。 これを対で飾るといいます。

ワンポイント

このとき 1基あげたほうがいいのか1対であげたほうがいいのか
悩むときがあります。その際の基準になるのが 以前自分の
親族のときにどのように生花をいただいているかが重要になります。

1対でいただいていれば1対で返します。ただし今現在は 
全体のバランスをみて 親族等近い方は1対 また 生花の数が多い場合は 
2段の生花 または豪華版の生花にして 1基を飾る場合もあります。

葬儀担当者の腕の見せ所です。 生花や供物をきれいに そして美しく配置して
限られたご予算の中で立派に豪華に演出します。

花国オリジナルフラワー祭壇のページへ

ご葬儀のお花は つぼみ?

花屋の修行時代 お付き合いのあるのご住職さんから一生に一度の葬儀式 
菊をちゃんと咲かせて飾りなさいとよく言われました。まさしくその通りです。

最後のお別れのときに花が咲いていない つぼみの菊ではきちんと
送ってあげられない 白菊は高貴な花で咲いたお花 白菊が故人を
送るお花にふさわしいと よく言われました。

 最後の旅立ちのときに きれいに咲いたお花で送ってあげましょう 

大切なことは 人生の締めくくりの故人の葬儀式に対して いかに
一番いい状態のお花 誇らしく咲いているお花を
  きれいに飾ることができるかがプロの仕事の一つです。

人生の最後の葬儀式に使い回しの造花の花では かわいそうですものね。

ご葬儀に なぜ 白菊をつかうの?

いろいろな説がありますが 白菊は 高貴な花で 香りがお香に
にている また 咲いた感じが 蓮の花を連想させる 
彼岸のお花で あの世と現世をつなぐ 無事 成仏する
など いろいろな意味があるそうです。

 いずれにしても きれいに咲いた高貴な白菊を飾るのは 故人に
対する 弔いの思いなのでしょう 

ある葬祭場では おおきく きれいに咲いた菊でなければだめというほどの
ところもあります。 やはり 故人を弔うためにきっても切れないお花
 それが菊のお花なのでしょう 

なぜ造花のお花を使うとよくないの?

葬儀の時に 故人のもとへ 生花の代わりに造花が飾ってあったらどう感じますか?


 亡くなった方のもとへ 生花の代わりに何度も使った使い回しの造花を飾るということは ご霊前に対して手間をはぶいている ご供養を簡素化している 手を抜いているなどととられるからといわれています。

ご先祖様や ご霊前に対して手を抜いていると思われるもいやですね。
 少しでもいいので ご供養のお気持ち 感謝のお気持ちをもって 
きれいな お花を添えてあげたいものですね。

また 造花の花は 何回も使い回しをして 枯れずにそのままずっと続く

という意味合いから 死という不幸が
また続くという ことで嫌う方もいらっしゃるようです 
お花は 枯れます 枯れることにより 不幸を終わりにして
一度リセットという感じの意味合いが強いのでしょう

その地域や色々な宗教や しきたりがあると思いますが 昔から変わらず
あることは 大切な故人の死に対して
綺麗なお花を飾ってさしあげると言うことではないでしょうか

あなたの大切な方 愛してやまなかった方の ご葬儀に 誰が使ったかわからない使い古しの造花の花を 飾るようなことはしないと思います

花国オリジナルフラワー祭壇のページへ

〇 前のページへ戻る