簡単花束の活け方-飾り方

大切な方からの素敵なプレゼント 花束

かごや 器にお花が活けてあるアレンジメントの場合はこちら

このように 両手いっぱいで 渡す花束は人気があります。でもいただいたら すぐにでも水に入れて飾って欲しいのがお花たちの本音です。

お花をきれいに見せるために 周りを包んでいるラッピングペーパーや リボン
特に大きい花束になると形の崩れを防ぐためとてもしっかりと縛ってあります。ハサミで切って外します。

リボンや周りのセロハンや ラッピングペーパーを外したら 

保水ペーパーを外します。

花束には 保水といって ゼリー状のものや 保水ペーパーなどで茎の部分をくるんであり 乾燥しないようになっています。 逆に言えば この部分の水分でしか お花を乾燥から防ぐことができません。 

なので 早めに花瓶に活けてあげてくださいね。

適当な大きさの花瓶に入れます。 その際にお花の栄養剤を一緒に入れると
お水が腐りりにくくなり さらに栄養がいきわたりより長持ちします。

花束の大きさにもよりますが 当店の花束には このフラワーフードが一緒についています。花束の側面あたりです。 ちょうど花瓶一杯分の栄養剤です。

花瓶に活けるときの注意です。

 このように 茎以外の葉の部分が 水につからないようにします。 水につかる部分の葉は 取り除いてください。
すぐに水が痛みます。

このようにすっきりときれいになっている状態がベストです。

一方向にお花が寄らないように 向きを整えてバランスを取ります。 

これで 完成です。 

上の透明の花瓶は 水の状態がすぐにわかるので とても管理しやすいですよ
お水の量は 花瓶の3分の2から 半分ぐらいが目安です。 多すぎると水につかっている部分が多く 痛みやすく 水が少ないと 水を吸い上げづらくなるのでご注意ください。

上手に活けて お花を楽しんでくださいね。

今度 お店に来た時は 桶や フラワーバケツの中の水の量を見てみてください。 以外と少ないですよ! 理由は こまめにお水の交換をしているからです。

また花瓶のお水は 2~3日に一度新鮮なお水と交換してください。 気温の高い時期は 冷蔵庫の角氷を数個入れると水が痛みにくくなります。

ワンポイント

水を腐らせない もし水を濁ったまま (痛んだまま)にした場合は 茎の部分を見て 切り口から数センチ色が変わっている部分があります。 その色が変わっている部分を切り離すと水の吸い上げがよくなります。

かごや 器にお花が活けてあるアレンジメントの場合

動画で 本日の店内の様子をアップしてみました。 気になるお花が欲しい時は 動画を見てくださいね。

2021年5月2日 | カテゴリー : サービス | 投稿者 : hanakuni-hana