1月19日花国湘南台店リアル店舗‐明日は大寒

ここ数日 本当に寒い日が続きますね。 明日は 大寒 もっとも寒いとされる期間

そんな極寒の中にも 春に息吹がちらほらとどいています。 店舗の前には 少しづつですが マーガレットや春のお花が 花を咲かせてきました。

スイトピーや トルコキキョウがたくさん入荷

バラも白のバラ アバランチェをはじめ 黄色やオレンジも入荷しました。

観葉植物の大きいもの 1m70センチぐらいの オーガスタも入荷しました。 温かい湿度のある場所限定です。

贈答用の胡蝶蘭の鉢物もたくさん入荷しました。 

本日も素敵なお花をたくさんご用意してお待ちしておりますね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村

前のページに戻る


1月16日はお墓参りの日‐花国湘南台店お花の日記

津波が心配な昨晩と今日の朝です 

1月16日は 新年を迎えて お寺さんにご挨拶に行く日とされていて
いろいろな説がありますが  新年最初のご挨拶や
ふるさとを離れて 田舎 やぶのいっぱいある田舎へ里帰りすることをさす

 薮入り 

小正月 里帰りで 翌日ご先祖の墓参り

15日 歳神様をおくったあと 16日に 仏様におまいりする

えんま賽日【さいじつ】 地獄のふたが開いて鬼も休む日
えんま堂におまいりする人が多いなど

いろんな 説が ありますが 

特に 小名浜は ご先祖様を大切にするところです。 


古くから漁業で栄えて海の仕事に従事する人たちの安全を
ご先祖様に祈り 感謝する 日々の繁栄と生かされている感謝 
これも神様 仏様のおかげ そう考える方が多いのでしょう 

日々感謝する

お寺さんは 昔から 心のよりどころ 近年 少子化で 檀家さんの
数が 少なくなってくるなんていわれていますが 
小名浜のお寺さんは いつもお参りする方が大勢いらっしゃいます。

さあ 本日16日は  ご先祖様に さらに今一度 感謝できる日です
どうぞ お墓参りに !

ワンポイント 冬のお墓参りは つぼみの菊は ダメです。 

ワンポイント 冬のお墓参りは つぼみの菊は ダメです。 咲かずに一晩で 凍りつき
しおれてしまいます おすすめは 咲いた菊 白以外をおすすめします。 白は 茶色になりやすいです。

花屋さんは どんなお花がおすすめかといいますと 凍っても大丈夫な水分の少ないお花です。
スターチースや小菊などがおすすめ!

早速 一番にお見えになったお客様は 神白の方で 津波が心配で夜も満足に眠れなかったといっていました。
朝の小名浜の津波の被害の無事を確認して ご先祖様に感謝のしるしとしてお墓まりに行ってくるそうです。

お墓まり用のお花をたくさんご用意してお待ちしております。

本日も素敵なお花をたくさんご用意してお待ちしておりますね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村

前のページに戻る


2022年七転び八起きの寅年-花国湘南台店お花の日記

2022年お正月 元旦はとても寒い1日のスタートになりましたね

朝起きたらこの通り 雪景色 びっくりの元旦ですね。

下の画像は 毎年ご献上させていただいている小名浜諏訪神社のお花です 

大晦日の大寒波のため朝にはお花も凍ってしまい多くの参拝者の目を楽しませてあげることはできなくて残念でした

新年を待つ2021年の大みそか

2022年元日の朝 8時ごろ

お花も雪をかぶって寒そうでした。

それでも御献上したお花は凛として誇らしくお花を咲かせていました 

大晦日の小名浜の夜間の気温は-3°c 毎年使っている花材にオンシジュームという蘭があります 黄色の華やかなランなのですが低温にはとても弱くさすがに氷点下はお花が持ちません 今回も例年同様 元日の朝にお花を活けてとても華やかになりました 

しかし

折からの強風で 小名浜は 風速9メートル以上との情報でした。耐えきれずにお花ごと飛ばされてしまったようです もうかなり昔からやってますがお花が飛ばされたのは初めてです 

本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですがこれも致し方ありません 自然の力にはかないません

これでは 神様に申し訳ないと 2日に朝に また新たに作ったお花が こちらです。

転んで新しく作ったお花 さらに寅年を象徴するような力強いお花になったと思います 

転んでも再び起き上がる トラの強さ 何度でもチャレンジする精神

ご献上した花から改めて教えていただいた感じです

人生山あり谷あり 決していいことばかりではありません

もちろん順風満帆の人生なんてありえません 転んでも再び起き上がる 2022年は どんな年になるか誰も想像がつきません でも良い年にしたいという気持ちはみんな同じだと思います

元来 虎は 最強の強さをもち魔除けて 崇められてきました。

2022年は この虎の力を大きくお借りして 志強く生き抜く そして

虎のような強さをもち 転んでも倒れても再び起き上がるそんな一年にしたいと思いますね

そして一番は生かされてるという感謝の気持ちを忘れない

皆さんにとっても2022年は 素敵な素晴らしい一年になることをお祈りしております。

本日も素敵なお花をたくさんご用意してお待ちしておりますね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村

前のページに戻る


1年の感謝-12月30日-花国湘南台店リアル店舗

はや もうすでに今年も残すところあと一日 本当に早いですね。
また 激動の1年でしたね たくさんの方に支えられて生きてきたという感じがあります。

支えられ お互いに支えあいながら駆け抜けた一年でした。

なぜ お正月に お花をかざるの?

新しい年の 年神様をお迎えする準備です。 段々と年を重ねるにつれ 運ってとっても大事と感じることが多々あります。 

人間万事塞翁が馬

不運に思えたことが幸運につながったり、その逆だったりすることのたとえ。幸運か不運かは容易に判断しがたいことのたとえですが 詳しくは  人間万事塞翁が馬 で検索してみてくださいね。

~~~~ 馬から落ちた息子が足の骨を折り 不幸だとみんなから言われたが おじいさんは これが不幸とは 
かぎらないと わけのわからないことを言った そしたら 戦争がはじまり 足を負った息子が徴兵を免れ
多くの戦死者をだした戦に行かなくてすんだ

途中省略しましたが なにが不幸で 何が幸運か わからない この不幸は 幸福の一歩なのかもしれません。

もちろんその逆もあります。 いま 大変な逆境にたたされている多くの人たち 私たちも含めてですが
新しい幸福への一歩ととらえて前に進むめると思えることは幸せですね。

お榊

一番の幸福とは 

その時々を 感謝の気持ちをもって生きることができることなのでしょうね。

1年のしめくくりと 1年の新しい始まり すべてのことに感謝して生きていきたいものですね。

皆さんも感謝の気持ちをもってどうぞ お榊を飾りお花を飾って新年の感謝を祝ってみてください。

一年の感謝のお花 そして 新たな1年の感謝のお花ですね!

素敵な一年になることでしょう

クーさんもとっても幸せな1年だったわん! 来年もいい年にするわん!

本日も素敵なお花をたくさんご用意してお待ちしておりますね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村

前のページに戻る